キャッシングの返済を経費に確定申告可能?

キャッシングベスト3

キャッシングの返済金額を確定申告で経費にできますか?

個人事業主を今年から始めたものです。少し経費化についてのご相談があります。事業を立ち上げるための費用として、少しキャッシングを利よしたんですけれども、このキャッシングの借入費用というのは基本的に経費化できるものでしょうか。できるならば確定申告の時に経費として申告をしたいのですが。

初めてなもので全く良くわかっていませんが、どうぞよろしくお願いします。

キャッシングで借り入れしたお金を経費にして確定申告してはいけない!

キャッシングやカードローンで借りたお金は原則、経費にすることはできませんので、そのまま経費にして確定申告を出してはいけません。借り入れというのはキャッシングでもカードローンでも、一般的には負債という項目になります。この負債というのは費用の項目ではないのです。

負債というのはいわば借金のことであり、お金をどうやって調達したかというのを表す簿記用語です。もう一つが資本であり、こちらは株式であるとか自己資金など、一般的に返済しなくていいお金が入ってくるのです。この資本と負債でお金を調達し、それをどういう風に分配しているかを資産で表すのです。現金なのか、商品なのかなどなどです。

このようにキャッシングのお金というのは経費として計上はできないのですが、経費として計上できるものもあります。それは金利です。キャッシングやカードローンを使えば必ず金利がかかります。この金利部分については経費化することが可能ですから、確定申告をする際には経費がかかっているというように申告すると、節税できる可能性があります。

ただしこれは個人事業主や中小企業など、ビジネスに関する場合だけです。一般の人も返済した時に金利がかかるので、それを経費として計上すれば、給料から引かれる税金を抑えることができると考えるかもしれませんが、それはありません。あくまでビジネスとしての経費に計上出来るだけです。

一般のサラリーマンやパート・アルバイトをしている人は金利をいくら払おうとも経費にできないのですから、できるだけ金利が安いところを使うべきなのです。

キャッシングの返済と確定申告についての基本的なポイント

中小企業の経営者の方や、個人事業主の方、幾つかの仕事を掛け持ちしている方の場合は、定期的に確定申告が必要になります。これは徴収されている所得に関する税金が適正かどうかを見極めるために必要なもので、不足していれば税金を払い、過剰に払っていたら払い戻してもらうというものになるのです。

基本的に、税金は収入に対して課せられるもので、経費や控除されるコストを引いたものが、所得として計算されますが、借り入れをしていて毎月返済している場合、この返済が必要経費として認められるかという問題があります。しかし、これは経費としては認められません。経費とは仕事に必要になったコストに関連するもので、キャッシングの利用が仕事に関係する必要な物品を購入するためで、その機材を購入した際の費用は経費として認められますが、キャッシングの返済としては利息負担が必要になりますので、このキャッシングの利用は経費として計上することはできないという特徴があるのです。その為、このようなケースでは経費にしてこの費用を計上することはできず、申告をして税金を払う事が適切な手段となります。

又、キャッシングでの過払い金の返還請求で払い戻しがあった場合は、この過払い金の申告が問題になります。過去に利用したキャッシングの利息の払いすぎでお金が戻ってきた場合は、この申告をする必要はありません。これは過払い金というものが、キャッシング業者へ払いすぎていたお金が戻ってきたもので、収入には当たらないためです。過払い金の返還では場合によっては、百万円単位でお金が戻ってくることもありますので、このポイントを把握しておく必要があります。しかし、過払い金の元金以外の利息の部分が、一定の金額を超えた場合は課税されることがあり、その結果として一定の金額以上の過払い金が戻ってきた場合には、一定の割合を支払う必要もありますので、このポイントには注意が必要になります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 ※安心確実!※在籍確認なしで借り入れ出来る金融会社はこちら! All Rights Reserved.